前へ
次へ

家庭教師に向いている性格

高校生の時にどんなバイトをすれば良いかを考えて、結局飲食店に落ち着いたことがありました。
友人が家庭教師をしていたのでどうすれば講師になれるのかと尋ねたら、根気よく人にものを教えられるかどうかだとの答えがかえってきました。
家庭教師に向いている性格には我慢強さも含まれており、どんな人にも勉強を教えられる柔軟性を持つことが大事なのだとわかりました。
子供は楽しいことは積極的にやりますが、興味のないことは本当に何もやりません。
講師の役割はいかに子供に勉強に対する興味を持たせるかですから、最初にどうやって子供と接するかが大事になってきます。
私は飽きっぽいのと我慢がきかないので、子供と一緒に遊ぶことはできても勉強を教えることはできませんでした。
職業には向き不向きがありますが、家庭教師に向いている人は優秀な先生にもなれますし、コーチ能力が高いこともはっきりしています。
指導者としての実力は選手としての能力とはまったく別なところにあり、講師には指導能力が求められるわけです。

Page Top