前へ
次へ

家庭教師は生徒の性格を見て指導している

家庭教師も色んなタイプがいます。
同じく、生徒にも特色があり、それを見極めてから学習指導にあたります。
今や、教育はやる気スイッチの切り替え次第です。
勉強に集中できるのか、性格がモノをいいます。
とある進学塾では、生徒に合う勉強法を導き出すカウンセリングを行うようです。
例えば、知的探求型の性格の生徒の特徴は、合理的に物事を捉えるようです。
知識を沢山増やしたいタイプでもあり、答えだけでなく、解説付きの分厚い参考書を選ぶのがおすすめです。
家庭教師として選ぶのならば、何故この答えになるのかをテンポよく教えてくれる人を選びましょう。
反対に、楽天家タイプは好奇心旺盛ですが飽きっぽいのが難点、ですから家庭教師は薄い参考書を用意し、短時間の指導にあたります。
モチベーションが下がりだしたら終了、ブレイクタイムには脳トレも兼ねてゲームを取り入れます。
決してやる気スイッチをオフにはせずスタンバイさせた状態です。
リフレッシュしてから残りをやる、これに尽きるようです。
家庭教師も人間味があり、誰もが一度で解釈できることばかりではありません。
戦略・勉強法・環境があって、尚且つメンタル要素も学習スケジュールに詰め込むことで勉強嫌いを克服させています。

Page Top